恥をかかないための最低限のお金を借りる知識

恥をかかないための最低限のお金を借りる知識

2010年6月18日に改正貸金業法が施行されてから、年収の3分の1以上のお金は、原則として借りられなくなりました。そのため、お困りの方も少なくありませんが、総量規制対象外ローンがあるのをご存知でしょうか。

 

それは、個人事業者などの自営業者を対象にした、無担保のカードローンです。改正貸金業法では、自営業者は例外として認められているため、自営業者に対しては、年収の3分の1の枠にとらわれない融資が可能なのです。

 

この自営業者向けカードローンを扱っているのは、消費者金融や信販会社などです。確定申告書などの審査がありますが、審査に通れば、無担保、無保証人で使い道は自由です。銀行などでの融資が難しい自営業者にはうれしい商品です。

 

ただし、商品によって多少の差はありますが、公的融資に比べると金利は高いので気をつけましょう。多額の融資を受けられるのはいいけれど、返済できなくなると、金利だけでも高額です。計画性を持って利用する事が大切です。

 

お金を借りる どうしても今日中に何とかしたいならこちら

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

カードローンには、消費者金融、銀行などで提供していて、総量規制外のサービスを展開しているのは銀行系のカードローンとなっています。借りられる金額が高くなりやすい利点があり、総量規制外であることを売りとして展開している銀行もあります。

 

利用したい場合はまず店頭、銀行のホームページなどから申し込みをする必要があります。申込方法はいろいろあり、電話から受け付けているといったところも多いです。その場合、銀行によってはオペレーターの性別を選べることもあります。

 

銀行カードローンは総量規制外のメリットがあるだけでなく、金利が低い傾向にありますし、返済を自社のホームページから可能であるといったケースもあります。審査基準に関しては、従来よりは緩くなっているところが多いです。

 

銀行によっては、複数のカードローンを展開していることがあります。借りられる額、審査基準が同じ銀行であってもサービスによって違うこともあるので注意が必要です。特に初めて利用する場合は、サービスと比べた上で利用するか検討した方が良いです。

 

消費者金融/評判/口コミ/一覧

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

日本には、貸金業務を行っている会社がたくさんあります。そんな中で、できるだけ高額の融資を受けたいという人にはカードローンが最適です。特に、銀行が運営しているカード会社ならば、より高額の融資を受けることができる可能性があります。

 

なぜなら、銀行系のカードローンは、総量規制対象外だからです。総量規制対象外とは、法律で定められている年収の1/3以上の借り入れはできないという基準が当てはまらないことを言います。ゆえに、年収に関わらず融資を受けることが可能です。

 

なぜ、総量規制対象外なのかと言うと、この法律は貸金業のみに適用されるからです。消費者金融会社は貸金業に含まれるため、この規制を受けますが、銀行は貸金業には含まれないため、自由に融資額を設定することができるという訳です。

 

ゆえに、数万円から数百万円の融資が可能になっています。また、専業主婦や学生、パート、アルバイトの人でも利用できる会社が多く、金利も低く設定されているので、誰にでも利用しやすいサービスが充実しています。

 

おまとめローンはここだjpcom

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

カードローンなどを利用する場合には、利用者の収入の状況に応じて利用できる金額が定められています。複数の会社を利用している場合には、これらの利用金額の合計額が総量規制の対象になるために確認しておく必要があります。

 

総量規制とは、法律によって収入の状況に応じて利用金額が定められておりこの金額を超えての利用が不可能であることです。このため、複数のカードローンなどを利用している場合には残高などを把握して利用する必要があります。

 

総量規制が設けられているために、利用している会社のカードローンの残高の合計が法律で定められている金額を超えた場合には利用できなくなります。しかし、総量規制外のカードローンはこれらの金額を気にせずに利用できます。

 

総量規制外のカードローンの特徴とは、複数の会社のローンを利用している場合でも気軽に申し込みを行えることです。このため、総量規制で他のローンの申し込みができない場合にはこれらのローンを申し込む方法があります。

 

オリックス銀行 審査の傾向と対策

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

キャッシングには、総量規制と呼ばれるものがあり、消費者金融では年収の3分の1以上は借りることは不可能となっています。ただし銀行の場合は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上借りることが可能な場合があります。

 

同じ銀行であっても、具体的に借りられる金額は違うことが多いので、利用する前に提供しているサービスについては調べておきましょう。最近はホームページのある銀行も少なくないので、パソコンがあれば把握できます。

 

キャッシングのサービスは、金利や申込方法、そのほか借りられる額以外にも違いがあるので、事前情報が大切なことは多い傾向にあります。ホームページに返済シミュレーション、審査診断といったサービスを展開しているところもあります。

 

情報を得る場合は、口コミサイトや比較サイトなどを活用するといった手もあります。使える情報はサイト次第ですし、利用者側がどういったサービスを欲しているのかによって、サイトは使い分けた方が良いこともあります。

 

カードローンで今日中に借りれる情報ナビ

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

ホーム RSS購読 サイトマップ