オーリスタットの効果・効能について

オーリスタットは脂肪阻害効果のある医薬品成分のひとつで、海外では肥満治療に用いられています。本来は人が食事を摂ると、胃酸で分解された後、腸内で吸収されますが脂肪は大きすぎるためそのままでは吸収することができません。そこで腸内に存在するリパーゼと呼ばれる酵素が働き、吸収しやすい大きさまで分解するのですが、オーリスタットはこのリパーゼの働きを阻害する効果を持ちます。結果的に脂肪の吸収を遅らせて、脂肪分のおよそ30%は便として体の外に排泄されるようになります。従来の肥満治療薬やダイエット薬というものは神経に作用して食欲を抑制するような効果を持っていましたが、オーリスタットは神経には作用せずリパーゼのみに働きかけるため安全性が高く、命に関わる副作用などは報告されていないのが特徴です。脂肪の吸収のみを阻害して糖質などの栄養素は吸収されていくことから、オーリスタットが効果的に働くのは脂分の多い食事を摂るときで、そういった場面のみで服用すれば良いため、食事の度に飲む必要もないのです。逆に甘いものを好んで食べる人では、糖質を抑える働きはないため、オーリスタットを使用する意味がありません。食事の度に飲んでいると脂溶性のビタミンが吸収されずに排泄され、さらに副作用として放屁や軟便、油っこい下痢などが起こるため、頻繁に使用することは控えるように言われています。また、オーリスタットは肥満の原因となる脂肪の吸収を抑える効果があるのでダイエットの予防としては利用できますが、すでに吸収された脂肪分には効果がないので、肥満の人は運動などをして脂肪を燃焼させる必要があります。日本の食生活も最近は欧米と同じように脂質の高いものに変わってきているので、オーリスタットの脂肪阻害効果はとても有用なものと言えます。

■有効成分がオーリスタットの治療薬です
ゼニカルの効果と時間の関係